教育と勉強

1/4ページ
勉強法や子どもをテーマにした記事を書いています。

教育実習の心構えと準備

9月というと教育実習シーズンですね。かくいう私自身も、高校と小学校の教育実習と介護実習を経験していますが、振り返ってみると懐かしく感じると同時に、肉体的にも精神的にもとってもハードだったこと、あの時は若かったから乗り切れたんだなと思ったりもします。(*´ω`*)今回は実体験も元に、教育実習にあたって個人的に準備しておいた方が良かったもの、心構え等をまとめていきたいと思います。

テストで悪い点を取った時にできること

テストが返却され、思っていたよりも点数が低くてがっかり…。 かく言う私も、そのような経験をしたものの一人ですが、「テストで悪い点を取った時」の話題になると、思い出すある出来事があります。当時の私にとっては、テストに対して違った角度で考えるきっかけとなったインパクトのある出来事でした。

どうして勉強しないといけないの?という子どもの疑問にどう答えるか

テストの時期になると、そんな疑問をぶつけられたことが1度ならずあるのではないでしょうか。問題はスマートな返し方です。将来のため。立派な大人になるため。いかにももっともらしく聞こえるお手本とも言える答えはすぐに思い浮かびますが、こうした抽象的な表現をもっと具体的に表現するとどういった言葉になるのでしょうか。

オンライン家庭教師を申し込もうか迷っておられる方へ

今回は、特定の家庭教師派遣会社やオンライン家庭教師会社を比較したり推奨したりということではなく、家庭教師として、個人的に対面及びオンラインの両方を経験した観点から、オンライン教師のメリット、また気づきにくいデメリットについて「生の声」をお届けしようと思います。

入学前準備学習で何をすべきか(中学入学編)

小学校最後の最大行事、卒業式も終わり、春休みに入る新中学1年生。春休みくらいゆっくりしたいところではありますが、子ども本人以上に何をさせるべきなのか、不安や焦りを感じている親も少なくないはず。それで、今回は受験勉強ほどハードではないものの、これをやっておくと入学後焦らずに済むのではないか、と感じた事柄についてまとめていきます。

家庭教師に今求められる資質

事前の聞き取りで、ご家庭から「こんな先生を派遣してほしい」というような要望をいただくことがあります。そして、実際にご家庭に伺うことが決まった時に、ご家庭から○○な要望をいただいているので、それを踏まえた上でよろしくお願いします、と先生に伝えられることがあります。そして、このご家庭からの要望に変化が生じてきたように思うのです。

家庭教師のアルバイトを始めようと思っておられる方へ

春の時期、何か新しいアルバイトを始めようとされている方にとって、特に学生の方にとっては「家庭教師」というのは、いわば身近な選択肢の一つかもしれません。仕事の内容としてはあまり変わらないのですが、塾という「教室」で子どもに教えるのと、家庭教師という自分とは異なる「家庭」の中で教えるのとでは、感覚的に微妙な違いがあるな、と思い、今回はそんなことを書いていこうかなと思います。

英語らしい褒め言葉 “I’m proud of you.”

直訳すると、「私はあなたのことを誇りに思うよ。」です。この言葉を使うシチュエーションとしては、相手が何かを成し遂げた時、周りの人に良いことをした時、とにかく相手に対して感謝を伝えたい時、などです。英語では日常的によく使う褒め言葉ですが、日本語にすると、どこか違和感のようなぎこちなさを感じてしまうのは私だけでしょうか?(´・ω・)

長文読解で使える語彙を増やす

長文読解における基本として、「まずは単語力をつけること」というのはよく言われることです。文法が多少分からなくても、単語さえ何とかなれば、内容がとれる、ということです。しかし、ここで問題となってくるのは、「では、その単語力をどのようにして身につけるのか」ということです。

英検を早い時期に取得させる学校の学習法について考えてみた

中学卒業までに、英検準2級、少なくとも3級取得。高校卒業前、もしくは高3に上がる前に2級取得。英検取得を謳っている学校はどのようにして、早い段階で、英検取得を実現させているのでしょうか。授業カルキュラムのどんな面が、資格取得の面で効果的なのでしょうか。考察してみました。

1 4