酒まとめ

1/3ページ

【美味しいレモン缶チューハイと缶サワーを選ぶ方法】3つのポイント

缶チューハイのパッケージを見るだけで美味しい缶チューハイを見極めることは出来きるのかシリーズこれまで5回に渡って書いてきました。1回目は高カロリー、2回目は果汁が多いもの、3回目は低カロリー、4回目は商品名にビターやドライ入っているもの、5回目は炭水化物が多いものを取り上げました。今回は、パッケージのどの部分を見ればいいのか、そのポイントを見ていきたいと思います。

【飲み比べ】氷結グレープフルーツ3種のカロリーと感想

今回は、氷結シリーズのグレープフルーツを飲み比べ行きたいと思います。レモンと同じく、ノーマルの氷結、氷結ZERO、氷結ストロングとありますね。果汁は、氷結とZEROが4.2%で、ストロングが3.7%となっています。ちなみにレモンと比べますと、ノーマルの氷結が2.7%、氷結ZEROが4.2%、氷結ストロング2.6%でした。氷結ZEROだけが、レモンと同じ果汁量となっています。

【キリっと5%で飲みやすい】宝酒造焼酎ハイボール特製サイダー割りと前割りレモンを飲み比べ

今回は、宝酒造さんの新商品、焼酎ハイボールシリーズの特製サイダー割りと前割りレモンです。焼酎ハイボールシリーズでは、レモンと強烈塩レモンサイダーという商品があります。今回は、レモンは前割りで、サイダーはレモンや塩が入っていないですね。焼酎ハイボールシリーズは、アルコール7%ですが、今回は5%です。ビールぐらいの度数なの飲みやすさがアップしましたね。裏面のパッケージにはこのチューハイの紹介が書かれています。

ビターやドライと商品名が入っているレモン缶チューハイは甘くないのか?

缶チューハイのパッケージを見るだけで美味しい缶チューハイを見極めることは出来きるのかシリーズの第4回目です。1回目は高カロリー、2回目は果汁が多いもの、3回目は低カロリーを取り上げました。今回は甘くないレモン缶チューハイを飲みたい時、商品名のビターやドライという表記は、信頼できるのかを探っていきたいと思います。

【飲み比べ】レモン・ザ・リッチの神レモンと特製レモンの違い

サッポロさんのレモン・ザ・リッチシリーズは、2021年2月16日にリニューアルされました。以前は、「濃い味レモン」や「スパイシーレモン」、「甘くないドライレモン」などありましたが、今回のリニューアルでは、「神レモン」と「特製レモン」そして「苦旨レモン」の3種類の発売です。「スパイシーレモン」がそうだったように今後、期間限定の商品などあるかもしれませんね。

【飲み比べ】本搾りチューハイ4種のカロリーと食事に合うのはどれ?

今回ご紹介するのは、本搾りチューハイ、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、ピンクグレープフルーツです。果汁量も多く、他の缶チューハイと比べても多い方となっています。
特にオレンジは、45%とほぼ半分が果汁です。本搾りの特徴は、果汁が多いこととの他に、人工甘味料や香料、酸味料が入っておらず無添加です。さらに砂糖や果糖ぶどう糖液糖といった糖類も入っていません。人工甘味料が気になる方にはお勧めですね。糖類も入っていないので、炭水化物の量が少ないのも特徴です。オレンジに関しては、果汁も多いので炭水化物もやや多めになっています。

レモン缶チューハイ炭水化物ランキング

缶チューハイには、炭水化物が100㎖当たりでg(グラム)で表されています。それをランキングしました。ランキングを作った理由は、炭水化物の量でレモン缶チューハイの甘味がある程度分かるのではないと思ったからです。炭水化物の量が低くても人工甘味料が入っていると甘いです。表を見てその時飲みたいチューハイを選んでもらえたらと思います。タンパク質と脂質はこれまで飲んだレモン缶チューハイは0gでしので、タンパク質と脂質は関係ないと思います。

【飲み比べ】檸檬堂5種類のカロリーと食事に合うのは?

檸檬堂5種類

今回は、コカ・コーラの檸檬堂シリーズを飲み比べます。12月に新商品のカミソリレモンが出ましたので、5種類となりますのでまとめて飲み比べたいと思います。檸檬堂は九州で限定発売され、そして全国で発売されるようになりました。カミソリレモン、鬼レモン、塩レモン、定番レモン、はちみつレモンの5種類で、アルコール度数は、カミソリレモンと鬼レモンが9%、塩レモンが7%、定番レモンが5%、はちみつレモンが3%となっています。

1 3