酒まとめ

1/3ページ

甘くないでも美味しいレモン缶チューハイと缶サワーおすすめ10選

私はこれまで、130種類以上のレモン缶チューハイを飲んできました。それで今回は、甘くなく美味しいと思ったレモンサワーとチューハイを10種類を紹介したいと思います。紹介するのは、2021年6月15日現在でも製造されている商品の中から選びました。期間限定や数量限定のものは10選の中には含まれていません。

【飲み比べ】ノメルズ3種のカロリーと感想

今回は、コカ・コーラさんの新商品、ノメルズハードレモネードです。パッケージにもあるように檸檬堂が監修しています。コカ・コーラさんから新たなブランドチューハイが出るとは思いませんでした。もし出るなら檸檬堂の新たな新商品が出るのかなと思ってましたが、今回はなんとレモネードのお酒です。

レモン缶チューハイ果汁ランキング

缶チューハイには、レモン果汁が〇%で表されています。それをランキングしました。パッケージに表記されているものをで書いています。 例えば3%と3.0%は同じだと思いますが、表記されているもので書いています。書かれていないものは、ランク外にしておきます。果汁の量と総カロリーも載せています。

レモン缶チューハイ炭水化物ランキング

缶チューハイには、炭水化物が100㎖当たりでg(グラム)で表されています。それをランキングしました。ランキングを作った理由は、炭水化物の量でレモン缶チューハイの甘味がある程度分かるのではないと思ったからです。炭水化物の量が低くても人工甘味料が入っていると甘いです。表を見てその時飲みたいチューハイを選んでもらえたらと思います。タンパク質と脂質はこれまで飲んだレモン缶チューハイは0gでしので、タンパク質と脂質は関係ないと思います。

【美味しいレモン缶チューハイと缶サワーを選ぶ方法】3つのポイント

缶チューハイのパッケージを見るだけで美味しい缶チューハイを見極めることは出来きるのかシリーズこれまで5回に渡って書いてきました。1回目は高カロリー、2回目は果汁が多いもの、3回目は低カロリー、4回目は商品名にビターやドライ入っているもの、5回目は炭水化物が多いものを取り上げました。今回は、パッケージのどの部分を見ればいいのか、そのポイントを見ていきたいと思います。

【飲み比べ】氷結グレープフルーツ3種のカロリーと感想

今回は、氷結シリーズのグレープフルーツを飲み比べ行きたいと思います。レモンと同じく、ノーマルの氷結、氷結ZERO、氷結ストロングとありますね。果汁は、氷結とZEROが4.2%で、ストロングが3.7%となっています。ちなみにレモンと比べますと、ノーマルの氷結が2.7%、氷結ZEROが4.2%、氷結ストロング2.6%でした。氷結ZEROだけが、レモンと同じ果汁量となっています。

【キリっと5%で飲みやすい】宝酒造焼酎ハイボール特製サイダー割りと前割りレモンを飲み比べ

今回は、宝酒造さんの新商品、焼酎ハイボールシリーズの特製サイダー割りと前割りレモンです。焼酎ハイボールシリーズでは、レモンと強烈塩レモンサイダーという商品があります。今回は、レモンは前割りで、サイダーはレモンや塩が入っていないですね。焼酎ハイボールシリーズは、アルコール7%ですが、今回は5%です。ビールぐらいの度数なの飲みやすさがアップしましたね。裏面のパッケージにはこのチューハイの紹介が書かれています。

1 3