宝酒造canチューハイレモンリッチのカロリーと飲み比べ

宝酒造canチューハイレモンリッチのカロリーと飲み比べ

こんにちは。夫婦工房にょんのおっと~です。
引き続きレモンチューハイ、レモンサワーの飲み比べをしていきます。
基本レモンが入っているお酒で350㎖の缶が対象です。
たまに400㎖もあります。
今回は宝酒造さんの数量限定の新商品となっています。
一個人の解釈ですので、参考までにでお願いします。
その日の体調などによっても美味しさの誤差も出ると思います。ご了承ください。
購入は自己責任でお願いします。

宝酒造 canチューハイ レモンリッチ

今回は、宝酒造さんのcanチューハイシリーズ、レモンリッチです。
果汁が6%入っています。
宝酒造さんのホームページには、canチューハイレモンと比べて約2倍の果汁が入っているとのことです。
canチューハイレモンには、3.3%の果汁が入っています。
確かに約2倍入っていますね。

ファンミーティングにおいてアンケートした結果、この商品が誕生しました。
やはり果汁の多いレモンチューハイの需要があるようですね。

材料

材料は、焼酎(国内製造)、レモン、糖類、炭酸、香料、紅花色素です。
材料と順番は、canチューハイレモンと変わりはありません。
アルコール度数は同じで、果汁の量は多くなっていますが、材料の順番は変わってないですね。
糖類については別の記事で取り上げています。

カロリー

カロリーは、100㎖当たり62Kcalです。
350㎖ですので、3.5をかけますと、総カロリーは217Kcalとなります。
200Kcalを超えましたね。
カロリーランキングでも、97位中6位(2020年12月15日現在)と上位にいます。

中身

中身はレモン色をしていますね。
下の画像は、canチューハイレモンです。

見比べますと、レモンリッチの方が濃いように見えますね。

飲んだ感想

飲むと、レモンと焼酎がグッときますね。
甘味はほとんどありません。
焼酎が鼻に向抜けていくのを感じます。
後味がスッキリですね。酸味が後味に残りません。
お酒が好きな方ならそのままでも楽しめると思います。
わたしは、スナック菓子(トルティーヤチップス赤いきつねうどん味)と飲みましたが、よりレモン感を楽しめました。合いますね。
最後までご覧いただきありがとうございました。