グレープフルーツ

1/2ページ

スミノフセルツァーオレンジ&グレープフルーツのカロリーと飲み比べ

今回、ご紹介するのは、キリンさんの新商品、スミノフセルツァー、オレンジ&グレープフルーツです。発売日は2022年3月22日です。キリンさんからハードセルツァーが発売されました。缶のスタイルは、オリオンビールさんのDOSEE(ドゥーシー)と同じです。内容量も同じとなっています。日本でも、海外でも、この細い缶のスタイルが多いです。スタイリッシュですね。アルコール度数は4%で、ハードセルツァーにしては少し高めとなっています。

キリンのチューハイとサワーの比較や違いのまとめ

これま150種類以上のチューハイとサワーを飲んできました。そのうちに140種類以上はレモン系です。今回は飲んできた中でキリンさんのチューハイとサワーにはどんな特徴があるのかまとめたいと思います。キリンさんのチューハイとサワー全てを飲んだわけではないのでご注意ください。

本搾りチューハイ冬柑のカロリーと飲み比べ

今回は、キリンさんの期間限定商品、本搾りチューハイ冬柑です。冬柑と書いて「ふゆかん」と読みます。発売日は2021年12月14日となっております。去年も発売されており、パッケージを比べますと原材料名の表記に違いがあります。以前はフルーツの名前だけでしたが、グレープフルーツに原産国が書かれるようになってます。また裏パッケージや側面の言葉と、裏パッケージの果実の写真の濃さも変わっています。新しいパッケージの方が言葉が少なくなっており、シンプルになってますね。

DOSEE(ドゥーシー)シークヮーサーとグレープフルーツのカロリーと飲み比べ

今回、ご紹介するのは、宝積飲料さんのDOSEE(ドゥーシー)ハードセルツァー、シークヮーサーとグレープフルーツです。製造は宝積飲料さんが行っており、販売はオリオンビールさんがやっています。今話題のハードセルツァーの商品になります。パッケージにもアルコール入りスパークリングウォーターとありますね。ハードセルツァーのいいところは、甘くない、低カロリー、アルコールを感じない、炭酸水のようなお酒といったところでしょうか。なので、果実感や甘味が欲しい方、アルコールを感じたい方にはあまりお勧めではないです。

ノメルズオリジナルのカロリーと飲み比べ

今回は、コカ・コーラさんの新商品、ノメルズハードレモネードのオリジナルの紹介です。パッケージには、甘酸っぱいレモネードと書かれています。商品名のハードレモネードとあります。文字通りの意味でとらえてしまうと、普段のレモネードより強いとか鋭いという意味でとらえてしまうかもしれません。ハードレモネードとはそういう意味ではないそうです。コカ・コーラさんによると、ハードレモネードとは、アメリカで人気のレモネードにお酒を入れた飲み物の名前です。

【飲み比べ】ノメルズ3種のカロリーと感想

今回は、コカ・コーラさんの新商品、ノメルズハードレモネードです。パッケージにもあるように檸檬堂が監修しています。コカ・コーラさんから新たなブランドチューハイが出るとは思いませんでした。もし出るなら檸檬堂の新たな新商品が出るのかなと思ってましたが、今回はなんとレモネードのお酒です。

【飲み比べ】氷結グレープフルーツ3種のカロリーと感想

今回は、氷結シリーズのグレープフルーツを飲み比べ行きたいと思います。レモンと同じく、ノーマルの氷結、氷結ZERO、氷結ストロングとありますね。果汁は、氷結とZEROが4.2%で、ストロングが3.7%となっています。ちなみにレモンと比べますと、ノーマルの氷結が2.7%、氷結ZEROが4.2%、氷結ストロング2.6%でした。氷結ZEROだけが、レモンと同じ果汁量となっています。

氷結ストロンググレープフルーツのカロリーと飲み比べ

今回は、キリンさんの氷結ストロング、グレープフルーツです。これまで、氷結グレープフルーツ、氷結ZEROグレープフルーツと飲んできました。アルコール度数や果汁量が少し違いますね。パッケージにもあるように、糖類0、プリン体0となっています。糖類0ということは、人工甘味料入りですね。ストロング系は人工甘味料が入っていることが多いですね。

【飲み比べ】キリンの本搾りチューハイ4種のカロリーと食事に合うのはどれ?

今回ご紹介するのは、本搾りチューハイ、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、ピンクグレープフルーツです。果汁量も多く、他の缶チューハイと比べても多い方となっています。
特にオレンジは、45%とほぼ半分が果汁です。本搾りの特徴は、果汁が多いこととの他に、人工甘味料や香料、酸味料が入っておらず無添加です。さらに砂糖や果糖ぶどう糖液糖といった糖類も入っていません。人工甘味料が気になる方にはお勧めですね。糖類も入っていないので、炭水化物の量が少ないのも特徴です。オレンジに関しては、果汁も多いので炭水化物もやや多めになっています。

氷結ZEROグレープフルーツのカロリーと飲み比べ

今回は、キリンさんの氷結ZEROシリーズのグレープフルーツです。パッケージには、ホワイトグレープフルーツが描かれています。氷結のグレープフルーツには、ピンクグレープフルーツも描かれていましたが、今回はないですね。果汁は恐らく、ホワイトグレープフルーツしか入っていないと思います。果汁量とアルコール度数は、氷結のグレープフルーツと変わりがないですね。ちなみに、氷結ZEROのシチリア産レモンも、果汁量とアルコール度数は変わらないです。4.2%には大きな意味があるのではないかと思います。