極上レモンサワー 爽快レモンチェッロのカロリーと飲み比べ

極上レモンサワー 爽快レモンチェッロのカロリーと飲み比べ

こんにちは。夫婦工房にょんのおっと~です。
レモンチューハイ、レモンサワーの飲み比べをしています。
基本レモンが入っているお酒で350㎖の缶が対象です。
今回は宝酒造さんの極上レモンサワーシリーズの数量限定の商品をご紹介します。
一個人の解釈ですので、参考までにでお願いします。
その日の体調などによっても美味しさの誤差も出ると思います。ご了承ください。
購入は自己責任でお願いします。

宝酒造 極上レモンサワー 爽快レモンチェッロ

今回ご紹介するのは、宝酒造さんの極上レモンサワーシリーズの数量限定商品、爽快レモンチェッロです。
レモンチェッロとは、イタリアを期限とするレモンを使ったリキュールです。
レモンチーノと呼ばれることもあります。
今回の爽快レモンチェッロという商品は、レモンチェッロを参考にし、さらにレモン果汁を加えたものと、宝酒造さんのホームページにありました。

材料

材料を見ますと、レモン、レモンシロップ、レモンエキス、レモンピールスピリッツと4種類のレモンが入っています。
4種類入った缶チューハイはあまりお目にかかりません。
レモンシロップとレモンエキスは、以前に極上レモンサワー熟成つけ込みレモンで取り上げましたのでそちらをご覧ください。

トレハロースとは、キノコなどに多く含まれている天然糖質のことです。
カルビーさんのホームページを見ますと、トレハロースは砂糖の45%の甘味度ですが、 甘さが後を引かず、上品でやわらかな甘みを持つ特徴があるとのことです。
紅花色素という色素は、天然のもので安全性も実証されています。日本では昔から化粧品にも使われてきました。

カロリー

カロリーは100㎖で61Kcalです。
総カロリーは213Kcalですね。
これは高カロリーです。ランキングでも58位中5位(2020年9月18日現在)となってます。
極上レモンサワーは、瀬戸内レモンを除いて高カロリーのものが多いです。

中身

中身を見ますと、 紅花色素の効果もあると考えられますが、濃いめのレモン色になってます。透き通るような感じではないですね。
どれぐらいのレモン感なのか飲んでみましょう。

飲んだ感想

甘さはほとんどありません。レモンがほんのり感じます。
スッキリしていますね。食事に合うサワーだと思います。
後味には苦みが強く残ります。
アルコール度数が9%ですが、そこまでアルコールを感じられないので、飲み方に気を付ける必要があると思いました。
甘さがあまりなく、高カロリーが少し気になるところです。
最後までご覧いただきありがとうございました。
是非、漫画もご覧ください。