かむかむレモンサワーのカロリーと飲み比べ

かむかむレモンサワーのカロリーと飲み比べ

こんにちは。夫婦工房にょんのおっと~です。
引き続きレモンチューハイ、レモンサワーの飲み比べをしていきます。
基本レモンが入っているお酒で350㎖の缶が対象です。
たまに400㎖もあります。
過去には340㎖の商品もありました。
今回は三菱食品さんの新商品となっています。

一個人の解釈ですので、参考までにでお願いします。
その日の体調などによっても美味しさの誤差も出ると思います。ご了承ください。
購入は自己責任でお願いします。

かむかむレモンサワーを飲み比べた評価

アルコール度数5%
果汁5%
人工甘味料の有無
お勧め度(5段階評価)
食事向きか?
そのまま飲んでも美味しいか?
レモン感はあるか?
甘さ(5段階評価)
カロリー230Kcal
カロリーランキング評価

どんな方におすすめ?

レモン感もあり甘さも欲しい
炭酸弱めがいい方
食事と共にとというよりは、落ち着いて、テレビやYouTubeを見ながらゆっくり飲みたい

そんな方にお勧めのかむかむレモンサワーです。

三菱食品 かむかむレモンサワーの紹介

三菱食品かむかむレモンサワーのパッケージ

今回ご紹介するのは、三菱食品さんのかむかむレモンサワーです。
あの「かむかむレモン」がサワーになりました。

三菱食品さんは他にもパインアメサワーやシゲキックスチューハイソーダ味など、飴やキャンディからチューハイやサワーを販売しています。
かむかむレモンサワーの製造は、オエノンプロダクトサポートさんがされています。
オエノンプロダクトサポートさんは、日本酒や焼酎、ワインなどの酒類やみりんも製造されている会社です。

かむかむレモンサワーのパッケージには、レモン10個分のビタミンCが入っていることが書かれています。
果汁も5%入っているので、レモン感もしっかりあることが分かります。
また瀬戸内産レモンを0.1%使用しています。
甘味料不使用とあるので人口甘味料であるアセスルファムKやスクラロースは入っていません。
人口甘味料を避けている方にとっては安心ですね。
しかし、糖類は入っています。

かむかむレモンサワーの公式ホームページには、たっぷりのレモンパルプが入っていることが書かれていました。
レモンパルプとは果汁を作る時に液体にならない果皮を細かくしたものです。
ここまで多くのレモンパルプが入ったレモンサワーは珍しいそうです。

またアレンジレシピも載っています。
冷凍のカットレモンやレモンシャーベットをいれたり、かむかむレモンと一緒に飲んだりと色々楽しめそうです。
発売日は2021年3月2日とありました。

原材料は?

三菱食品かむかむレモンサワーの原材料名


原材料は、レモンパルプ、濃縮レモン果汁、ストレートレモン果汁、ウオッカ、糖類(国内製造)、炭酸、酸味料、香料、ビタミンCです。

一番多くレモンパルプが入っているレモンサワーは初めてですね。
そして濃縮とストレートのレモン果汁が入っているサワーも初めてだと思います。
レモン推しのサワーですね。

糖類については別の記事で取り上げていますのでそちらをご覧ください。

原材料名の糖類には何が含まれるのだろうか?

カロリーを調べる

三菱食品かむかむレモンサワーのカロリー

カロリーは、100㎖あたりの表示ではなく、総カロリーが表示されています。
総カロリーは230Kcalです。

単純計算になりますが、350㎖ですので、230を3.5で割りますと、100㎖あたりのカロリーが約65.7Kcalです。
カロリーランキングでは、119位中4位(2021年5月10日現在)とかなりの高カロリーサワーとなっています。

また今回のかむかむレモンサワーはたんぱく質が0.4g入っています。
珍しいレモンサワーです。
ビタミンCも200㎎入っています。

コップに注いだ時

三菱食品かむかむレモンサワーの中身

コップに注ぐと、ハッキリとレモン色が見られます。
果汁やパルプがしっかり入っていることが分かります。

かむかむレモンサワーを飲んだレビュー

飲むと、レモンがグッときますが、甘さもきます。かなり甘いです。
飲みこむとスッキリ感があります。
美味しいと思います。
炭酸は弱めですね。
後味には、レモンと酸味と甘みが残りますが、ずっと残りません。
お酒感が無いので、ジュース感覚で飲んでしまいます。
飲み方や飲み過ぎには注意が入りますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。