【超低カロリー】ウォーターサワーオレンジのカロリーと飲み比べ

【超低カロリー】ウォーターサワーオレンジのカロリーと飲み比べ

こんにちは。夫婦工房にょんのおっと~です。

これま130種類以上のレモンチューハイとサワーを飲んできました。
引き続き飲み比べをしていきます。
今回はオレンジのチューハイです。
サッポロさんの新商品となります。

オレンジ感や甘さ、カロリーなど調べていきます。
一個人の解釈ですので、参考までにでお願いします。
その日の体調などによっても美味しさの誤差も出ると思います。ご了承ください。
購入は自己責任でお願いします。

ウォーターサワーオレンジを飲み比べた内容と評価

アルコール度数3%
レモン果汁1%
人工甘味料の有無有(スクラロース)
お勧め度(5段階評価)
食事向きか?
そのまま飲んでも美味しいか?甘くないのが好みなら
オレンジ感はあるか?あり
甘さ(5段階評価)
カロリー 66.5Kcal

どんな方におすすめ?

食事と共に飲みたい方
炭酸水の中にお酒が欲しい方
甘くないのが飲みたい方

そんな方にお勧めのウォーターサワーオレンジです。

サッポロ ウォーターサワー オレンジの紹介

サッポロウォーターサワーオレンジのパッケージ

今回、ご紹介するのはサッポロさんのウォーターサワー、オレンジです。

無糖と書かれていますが、甘くないチューハイではありません。
人口甘味料のスクラロースが入っています。
飲むと分かりますが、少し甘いです。

ウォーターサワーレモンは全く甘さがありません。
こちらは少しの甘味が欲しい方におススメです。

サッポロさんの公式商品紹介ページには、ウォーターサワーがどのようにして生まれたかが書かれていました。
アメリカでブームの次世代アルコール飲料のハードセルツァーからヒントを得たようです。

コカ・コーラさんのノメルズもアメリカで人気のハードレモネードからヒントを得て作られていました。
ハードセルツァーもハードレモネードのどちらもアメリカの若者に人気のようです。

オレンジ果汁が1%入っています。
オレンジ感もあるチューハイとなっています。

原材料は?

サッポロウォーターサワーオレンジの原材料名

原材料は、オレンジ果汁、ウォッカ(国内製造)、炭酸、香料、酸味料、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクラロース)です。

乳酸Ca(カルシウム)が入った缶チューハイはウォーターサワーシリーズが初めてですね。
生活協同組合コープさんによると、植物からとった糖に乳酸菌を加え発酵させたものとありました。
糖は甜菜などから取られるようです。
なので乳酸ですが、乳は入っていません。

用途としてはどのように用いられるのでしょうか?
検索して多かったのは、調味料として、また栄養強化として使われることが一般的だそうです。

スクラロースについては別の記事で取り上げていますのでそちらをご覧ください。

甘味料スクラロースとは?

ウォーターサワーレモンと比べると、果汁がレモンかオレンジかの違いと、レモンにはスクラロースが入っていません。原材料2種類の違いとなってます。

カロリーを調べる

サッポロウォーターサワーオレンジのカロリー

カロリーは、100㎖あたり19Kcalです。
単純計算によるものですが、350㎖ですので、3.5をかけますと、総カロリーは66.5Kcalとなります。

カロリーはウォーターサワーレモンと同じカロリーです。
ウォーターサワーレモンより炭水化物と糖質が0.1g多くなってます。

かなり低カロリーのチューハイですね。

コップに注いだ時

サッポロウォーターサワーオレンジの中身

コップに注ぐと、無色透明です。
ウォーターサワーレモンと同じ色合いです。

ウォーターサワーオレンジを飲んだレビュー

飲むと少し甘いです。
人口甘味料が入っているだけありますね。
炭酸水と思って飲むと甘く感じます。

オレンジ感もあり、スッキリしています。
ウォーターサワーレモンと比べると、オレンジの方が甘さが程よくあるので飲みやすいですね。

これまで飲んだチューハイと比べると、甘くないチューハイだと思います。
食事にも合うと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。