パッケージ

【美味しいレモン缶チューハイと缶サワーを選ぶ方法】3つのポイント

缶チューハイのパッケージを見るだけで美味しい缶チューハイを見極めることは出来きるのかシリーズこれまで5回に渡って書いてきました。1回目は高カロリー、2回目は果汁が多いもの、3回目は低カロリー、4回目は商品名にビターやドライ入っているもの、5回目は炭水化物が多いものを取り上げました。今回は、パッケージのどの部分を見ればいいのか、そのポイントを見ていきたいと思います。

ビターやドライと商品名が入っているレモン缶チューハイは甘くないのか?

缶チューハイのパッケージを見るだけで美味しい缶チューハイを見極めることは出来きるのかシリーズの第4回目です。1回目は高カロリー、2回目は果汁が多いもの、3回目は低カロリーを取り上げました。今回は甘くないレモン缶チューハイを飲みたい時、商品名のビターやドライという表記は、信頼できるのかを探っていきたいと思います。

低カロリーのレモン缶チューハイは美味しいのか?

こんにちは。夫婦工房にょんのおっと~です。缶チューハイのパッケージを見るだけで美味しい缶チューハイを見極めることは出来きるのかシリーズの第三弾です。今回は低カロリーのレモン缶チューハイは美味しいのかどうかです。今のところ、もうすぐ100種類のレモン缶チューハイを飲むことになりそうなのです。

高カロリーのレモン缶チューハイは美味しいのか?

その時に合ったお酒を飲みたいと思います。それをパッケージを見るだけで解決しようする企画です。レモン缶チューハイばかりを飲んできましたので、最初のシリーズはレモン缶チューハイにスポットを当てて考えてみたいと思います。一個人の解釈ですので、参考までにでお願いします。