極上レモンサワーすっきり定番レモンのカロリーと飲み比べ

極上レモンサワーすっきり定番レモンのカロリーと飲み比べ

こんにちは。夫婦工房にょんのおっと~です。
引き続きレモンチューハイ、レモンサワーの飲み比べをしていきます。
基本レモンが入っているお酒で350㎖の缶が対象です。
たまに400㎖もあります。
今回は宝酒造さんの商品となっています。
一個人の解釈ですので、参考までにでお願いします。
その日の体調などによっても美味しさの誤差も出ると思います。ご了承ください。
購入は自己責任でお願いします。

宝酒造 極上レモンサワー すっきり定番レモン

今回は、宝酒造さんの新商品、極上レモンサワーシリーズのすっきり定番レモンです。
パッケージには、糖質0と書いていますね。

レモンサワーフェスティバルで行われた、100通りのレモンサワーという企画で、人気が1番あったものを参考にして作られたレモンサワーとなっております。
焼酎とレモンと強炭酸というシンプルな構成です。

材料

材料は、レモン、レモンエキス、レモンスピリッツ(国内製造)、焼酎、糖類、炭酸、酸味料、香料、となってます。

材料の上には、糖類0となってますが、原材料名には糖類と書かれています。
これは、下の画像にあるように、食品表示基準に基づいて100㎖当たりの糖質0.5g未満を糖質0と表示しているようです。
ですので、実際は糖類が入っています。
糖類については別の記事で取り上げています。

でも、100㎖当たり0.5g未満ですので、350㎖を0.5gで計算しても、1.75gになります。

極上レモンサワーつけ込み沖縄塩レモンと比べてみますと、炭水化物が100㎖当たり1.6g入っています。これが全て糖類だと考えますと、350㎖で5.6gになりますね。
人工甘味料がはいっておらず、糖類がこの量でしたら少ないと思いますね。
糖質が気になる方にもいいかもしれません。

カロリー

カロリーは上の画像にもあるように、100㎖で、42Kcalとなります。
350㎖ですので、3.5をかけますと、総カロリーは147Kcalとなってます。
つけ込み沖縄塩レモンよりカロリーは高めとなってます。
カロリーランキングでは、97位中78位(2020年12月15日現在)です。

中身

画像では、濁ったような感じですが、実際はレモン色が入っています。
炭酸も強めでした。

飲んだ感想

飲むと、かなりスッキリしています。
果汁が0.5%ですが、レモン感もあり、のど越しのレモン感がいい感じですね。美味しいですね。
甘味は少しだけあります。
食事にも合うと思います。洋食やおつまみ、揚げ物など幅広く合いそうです。
グイっと飲むとさらに違った感じで飲めます。
レモン感も増し、アルコール感も強まりますので、美味しく飲めると思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。