檸檬堂カミソリレモンのカロリーと飲み比べ

檸檬堂カミソリレモンのカロリーと飲み比べ

こんにちは。夫婦工房にょんのおっと~です。
引き続きレモンチューハイ、レモンサワーの飲み比べをしていきます。
基本レモンが入っているお酒で350㎖の缶が対象です。
たまに400㎖もあります。
過去には340㎖の商品もありました。
今回はコカ・コーラさんの新商品となっています。

個人の解釈ですので、参考までにでお願いします。
その日の体調などによっても美味しさの誤差も出ると思います。ご了承ください。
購入は自己責任でお願いします。

調べた内容と飲み比べた結果

アルコール度数9%
果汁9%
人工甘味料の有無
お勧め度(5段階評価)
食事向きか?微妙
そのまま飲んでも美味しいか?
レモン感はあるか?少し濃い
甘さほぼ無し
カロリー192.5Kcal
カロリーランキング評価中高

どんな方におすすめ?

甘くなく、レモン感があるチューハイを飲みたい
アルコールが高い方がいい
アルコールが高くてもお酒感が無い方がいい
おつまみと飲みたい方

そんな方にお勧めの檸檬堂カミソリレモンです。

コカ・コーラ 檸檬堂 カミソリレモンの紹介

コカ・コーラ檸檬堂カミソリレモンのパッケージ

今回はコカ・コーラさんの檸檬堂シリーズの新商品、カミソリレモンです。
無糖レモンチューハイですね。
以前に4種類の無糖レモンの記事を書きました。

【飲み比べ】檸檬堂4種類のカロリーと感想

今回で5種類目となります。
果汁が9%入っており、他の無糖レモンと比べると一番多く果汁が入っています。これまでは多くても、氷結無糖レモン7%が3.4%でした。

かなりの果汁量が入った無糖レモンチューハイとなります。

原材料は?

コカ・コーラ檸檬堂カミソリレモンの原材料名

材料は、レモン、スピリッツ、食塩、炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)です。
これまで飲んだ無糖レモンの4種類を見てみると、お酒、レモン、炭酸、香料、酸味料のみで構成されていましたが、カミソリレモンはそれに加えて、食塩と酸化防止剤が入っています。

レモンの甘味を引き立たせるために食塩が入っているのでしょうか?
他の無糖レモンチューハイとは違う印象ですね。
ちなみに檸檬堂シリーズ全てに食塩が入っています。

カロリーを調べる

コカ・コーラ檸檬堂カミソリレモンカロリー

カロリーは100㎖当たり55Kcalです。
350㎖ですので、3.5をかけますと、総カロリーは192.5Kcalとなります。
無糖レモンチューハイの割にはカロリーが高めですね。
カロリーランキングでは、109種類中27位(2021年3月7日現在)となっております。

またアルコール度数9%の無糖レモンは他に2種類あります。
アサヒのウィルキンソンハードナイン無糖レモン、サッポロのチューハイ99.99クリアグリーンレモン無糖です。
カロリーは100㎖で見ますと、ウィルキンソンハードナイン無糖レモンが54Kcal、サ99.99クリアグリーンレモン無糖が53Kcalです。
誤差が1.2Kcalしかありません。
アルコール度数が高いとカロリーが高い傾向にありますね。

レモンチューハイレモンサワーの総カロリーのランキング(時々更新)

コップに注いだ時

コカ・コーラ檸檬堂カミソリレモンの中身

中身はレモンの色がはっきりしています。
果汁がしっかり入っていることが分かりますね。

飲んだ感想

飲むとしっかりレモン感があります。
酸味もありますが、苦みもありますね。
ちょっと強すぎかなと感じます。
甘さはほぼありません。かなり薄っすら感じるぐらいです。
アルコール度数が高いですが、お酒感が無いです。
ウィルキンソンハードナイン無糖レモンと99.99クリアグリーンレモン無糖の方がお酒感がありましたね。
ちょっとおつまみと一緒に飲みました。

コカ・コーラ檸檬堂カミソリレモンとポテトデラックス

食べたのはポテトデラックスです。
一緒に食べて飲むと美味しいですね。
おつまみなら合いそうです。

お酒感が無いのでごくごく飲めるのですが、アルコール度数が高いので気をつけないといけないですね。
アルコール度数が6%ぐらいなら良かったかなと個人的には感じます。

最後までご覧いただきありがとうございました。