フルーツティー2種飲み比べ美味しいのはどっち?

フルーツティー2種飲み比べ美味しいのはどっち?

こんにちは。夫婦工房にょんのおっと~です。

これまで、無糖紅茶、ミルクティー、レモンティーと飲み比べてきました。
今回は、新発売されたキリンさんの午後の紅茶とサントリーさんのクラフトボスのフルーツティーを飲み比べていきます。

一個人の解釈ですので、参考までにでお願いします。
その日の体調などによっても美味しさの誤差も出ると思います。ご了承ください。
購入は自己責任でお願いします。

フルーツティー2種を調べた内容と評価

商品名クラフトボス午後の紅茶
100㎖当たりカロリー29Kcal9Kcal
茶葉表示なしダージリン茶葉10%
内容量450㎖500㎖
果汁9%0.5%
果物の種類オレンジ、りんご、もも
パイナップル、マンゴー
りんご、レモン、いちご
ぶどう(マスカット)、もも
甘さめぇ~ちゃんによると甘い
おっと~によると甘い
めぇ~ちゃんによると控えめ
おっと~によると少し甘い
フルーツ感パイナップル、オレンジを強く感じるマスカットが一番強く感じる
特徴南国っぽいスッキリしている

クラフトボスと午後の紅茶のフルーツティー2種の紹介

クラフトボス、午後の紅茶フルーツティー2種のパッケージ

今回、ご紹介するのはキリンさんの午後の紅茶ザ・マイスターズ甘くないフルーツティーと、サントリーさんのクラフトボススッキリ甘いフルーツティーです。
発売するにあたってネットニュースでは丸かぶりしているという記事が書かれていました。
同じようなフルーツティーだと感じる方もおられるかもしれませんが、飲んでみると全く違います。
どのように違うのでしょうか?
パッケージから分かる情報を見ていきましょう。

まず商品名にもあるように、午後の紅茶の方は微糖で、クラフトボスは甘めとなっています。

果汁も午後の紅茶は0.5%で、クラフトボスは9%となっています。

使っている果物も違います。
午後の紅茶はりんご、レモン、いちご、ぶどう(マスカット)、もも、となっています。その中のいちご、ぶどう(マスカット)、ももは果汁ではなくエキスを使用しています。
クラフトボスはオレンジ、りんご、ももパイナップル、マンゴーで、全て果汁を使用しています。

これだけでも大きく違いますね。

原材料を比べる

クラフトボス、午後の紅茶フルーツティー2種の原材料名

クラフトボスの原材料は、果汁(オレンジ、りんご、もも、パイナップル、マンゴー)、砂糖(国内製造)、紅茶、香料、酸味料、ビタミンCです。

午後の紅茶の原材料は、砂糖(国内製造)、紅茶(ダージリン10%)、果汁(りんご、レモン)、フルーツエキス(いちご、ぶどう(マスカット)、もも)、香料、酸味料、ビタミンC、甘味料(アセスルファムK)です。

原材料的には、クラフトボスの方がシンプルですね。
クラフトボスは、果汁、砂糖、紅茶の順ですが、午後の紅茶は、砂糖、紅茶、果汁の順になっています。
このことからもかなり味に違いがあることが分かりますね。
飲んだら分かりますが、クラフトボスの方がフルティーです。午後の紅茶は、スッキリしています。

午後の紅茶には人口甘味料であるアセスルファムKが入っています。
アセスルファムKについては別の記事で取り上げていますのでそちらをご覧ください。

甘味料アセスルファムK(アセスルファムカリウム )とは?

カロリーを比べる

クラフトボス、午後の紅茶フルーツティー2種のカロリー
商品名クラフトボス午後の紅茶
100㎖当たりカロリー29Kcal9Kcal
たんぱく質0g0g
脂質0g0g
炭水化物7.3g2.2g
食塩相当量0.01g0.02g

カロリーを比べますと、かなりの違いがあります。
クラフトボスは100㎖当たり29Kcalですが、午後の紅茶は9Kcalです。
恐らく人口甘味料で、カロリーを抑えていると思われます。
カロリーが気になる方は、午後の紅茶の方がいいかもしれません。

比べるとクラフトボスの方が高いカロリーと思われますが、クラフトボスのミルクティーと比べて低いカロリーとなっており、午後の紅茶のレモンティーと同じぐらいのカロリーです。
なのでそこまで高いカロリーではないと思います。
450㎖ですので、4.5をかけますと、総カロリーは130.5Kcalになります。

炭水化物も午後の紅茶と比べて、クラフトボスの方が3倍以上高いことになっています。

中身を比べる

中身を見てみると、画像では分かりにくいですが、午後の紅茶の方が濃い色となっています。
色合いはどちらも同じような色をしています。

飲み比べた感想

飲み比べてみるとパッケージにある通り甘くないのは、午後の紅茶です。
すっきりしているのも午後の紅茶ですね。
クラフトボスは甘いですが、南国っぽい感じのフルーツティーです。

入っているので果物が違うので、味もかなり違います。
クラフトボスは、パイナップルやオレンジの味がしますが、午後の紅茶はマスカットが強く感じ取れます。

入っている果物によって飲み分けるのも良いですね。
どちらも美味しいと思います。

また紅茶を感じるのは、午後の紅茶です。渋みがあります。
クラフトボスは、フルーツが主役ですね。

クラフトボスは、無糖、ミルク、レモンと飲んできましたが、どれも紅茶メインの商品でした。
ここにきてフルーツメインの商品となってます。
大きな方向転換だなと感じました。

午後の紅茶も無糖、ミルク、レモンと飲んできました。無糖は甘くないですが、レモンとミルクは甘さメインで紅茶メインではない商品でした。
今回のマイスターズは、甘さを抑えた紅茶メインの商品となっているように感じます。
午後の紅茶シリーズも大きな方向転換だなと感じますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。